日本の資源・エネルギーを守るのはもちろん、
カーボンニュートラル社会の実現にも貢献していく。

管理部門 理事
西川 信康

Profile

1984年、JOGMEC前身の金属鉱業事業団に入団。金属ファイナンス部担当審議役や地熱部門の統括責任者などを経て、2020年4月より監査室・総務部・人事部・経理部・評価部担当理事に就任。趣味は月1ゴルフ・秘湯巡り・クラシックコンサート通い。

時代が代わっても
「資源・エネルギーの安定供給」の重要性は不変
だが、それを果たしながら
新しい使命も果たしていく必要がある

JOGMECは、資源の乏しい我が国において、存分な経済活動、豊かな社会生活を営む生命線となる「資源・エネルギーの安定供給確保」を使命としています。石油・天然ガス・金属鉱物・石炭・地熱など幅広い地下資源をカバーし、日本のこれからを支えていくためにも、この使命が変わることはありません。
ただ現在、それだけではこの国の未来を支えていくことが難しい問題も生じています。それは、CO2による温暖化をはじめとした地球環境問題です。これは一国を超えた地球、世界という枠組みの問題。国際社会において日本という国、そのものが問われていくものだと言えます。国際社会の中で、日本がプレゼンスを発揮していくこと、それは、日本経済、そして日本国民がグローバルな舞台の中でこれからも輝いていくために欠かせないものだと考えています。

新JOGMEC、
いち早い組織改編を通して、
新たな挑戦へ

2022年11月。組織を改編し、新JOGMECとして私たちは新たなスタートを切りました。そこでは、エネルギーセキュリティとともにカーボンニュートラル社会の実現を推進していくため、水素、アンモニア、CO2回収・貯留(CCS)、洋上風力など、カーボンニュートラルのコア分野をきちんと社会実装していく組織体制を整えました。また、デジタル分野のみならず電気自動車などカーボンニュートラル時代に欠かせないレアメタルやレアアースなどの金属資源、トランジショナルエネルギーとして重要性が再認識されている天然ガスに対する取組みも強化しています。

サプライチェーン全体に
関するスキル、
環境対応技術を
身につけた人材、
そして、
イノベーション創出を先導
できる
人材になってほしい

今後、エネルギー安全保障の責務を果たしていくためには、資源開発という上流だけでなく加工、設備、輸送などサプライチェーン全体の中でのボトルネック分野に手を打っていくことがますます重要になってくると思っていますし、その中では当然、カーボンニュートラルに向けた様々な環境対応技術も欠かせません。さらに次世代エネルギー源である水素・アンモニアの製造現場などでは、経済合理性の確保に向けこれから多くのイノベーションや投資が必要です。JOGMECでは従来の資源系人材に加え、機械や装置、化学プロセスなどの知見を有し、プロジェクトをマネージすることで新たな価値を生み出していく人材も積極的に育てていきたいと思います。また、理系人材のみならず、経営能力・調整能力を身につけ、これからの激動期において、司令塔としてJOGMEC全体をかじ取りしていく事務系人材の挑戦にも期待しています。

自分が変革者として
新しい未来を築いていく
そのような人と挑んでいきたい

最後に私から皆さんにお伝えしたいことがあります。それは、資源・エネルギー環境の激変の中で「自分が変革者として新しい未来を築いていく」気概と当事者意識を持っている方と働いていきたい、挑んでいきたいという私の強い想いです。2050年に向けて、カーボンニュートラルの時代を創っていくのは皆さん方の世代です。今まで資源と直接関わりのなかった方でも構いません。気候変動問題やエネルギー問題に関心を持って国家スケールの仕事に挑戦したいと思っている方、強い想いを携えている方、ぜひ、JOGMECの門をたたいていただきたいと心から願っています。

Mission
VIEW MORE

Page Top