Profile

大学卒業後、金融機関に入社。トレードファイナンスやカストディ(※)といった国内外の金融制度構築に当たる他、東南アジア・南米に駐在。「もっと直接的に日本の役に立ちたい」との思いから、2020年にJOGMECにキャリア入構。現在はJOGMEC全体の事業計画策定等、企画業務に従事。趣味は水泳・旅行。留学やビジネスも含めると訪れた国は40カ国以上。
※ 機関投資家等が保有する有価証券の決済・管理代行サービスのこと

転職でJOGMECを選んだ理由

「何のために働くのか」が明快、
常に全力で進んでいける

前職はメガバンク。就職活動当時から「日本の役に立ちたい」との漠然とした思いはありました。ですが、そのために自分がどの業界に進めば良いのか判断がつきかね、「時代の変遷に伴って産業がどのように移り変わろうとも、血流たる金融は必ず求められる」との思いから入社しました。銀行では、金融制度構築・改善に向けた国内外の業界団体や当局との折衝や、資源開発企業との取引等に従事。ブラジル・ベトナムといった資源国へも駐在しました。制度構築においても海外駐在においても、個々の業務については自分よりその道に通じた方々がいる中で、いかにその方々から知見・思いを引き出し、集約して形にしていくかが自分の役割でした。一つひとつの現場で、そうした行動を懸命に繰り返していく中で、推進力やものごとを形にしていく力が自分の持ち味になっていったと思います。

自身を磨いていくには非常に恵まれた環境ではありましたが、銀行員は銀行員のままキャリアを全うできる人はほんの一握りしかいない中、かねてから「今後一貫して同じ切り口で仕事をしていける道はないものか」との思いがありました。そんな折、以前からご縁のあった資源開発業界で、政府機関のJOGMECがキャリア採用を行っていると知りました。JOGMECならば、これまで培った経験を活かして継続性のあるキャリアパスを歩み続けられる。そして何より、

自分がなんのために働くのかが明快。
それは「この国の未来のため」。

もっと直接的に、シンプルに、そのことを考えて、全力で進み続けられる。そう思い、JOGMECでの新たなキャリアのスタートを希望しました。



現在の仕事

多様なバックグラウンドを
持つ人たちとの
信頼関係をベースに、
経営を支える

現在私が所属する経営企画課は、経営陣との距離が最も近い部署と言えます。経営陣へ適切な判断に資する情報を上げ、経営陣の意思決定をサポートします。そして、その経営判断を具現化していくために、経営陣・各事業部門・所管官庁(経済産業省)の間に立ち、それぞれの実情・考えに寄り添いながら、調整を図っていくことが役割です。

仕事において私が最も大事にしていることは信頼関係です。前述のとおり、銀行員時代から、立場の異なる多様なメンバーの思いや考えを汲み取り反映しながら、プロジェクトを前に進めていくこと、より良い形にしていくことに心を砕いてきました。そこでは、何よりも信頼関係の構築が重要であり、その第一歩は、顔と顔を突き合わせること。だから私は、電話やメールで済ませられそうなことでも、会いにいきます。コロナ禍で少々やり方が変わる部分もありましたが、基本スタンスは変わりません。

周囲には「やたらと話好きな人」と思われているかもしれませんが(笑)、各部署にいるからこそ分かる課題や情報を理解し集約することも、私の重要な役割であり、持ち味。知らない人、知らないことを知れることは、純粋におもしろくて刺激的ですしね。特にJOGMECで働いている方は皆、それぞれの専門性が非常に高いので、どの部署、どの方のお話も本当に興味深く、時間や本来の目的も忘れて聞き入ってしまうこともしばしばです。今はこうして新しい発見・知識に囲まれながら、日本のために働くことのできる毎日に心から感謝しています。

今後の目標

この国のために
「世界における日本」も見据えて

JOGMECでの今後についてですが、長らく携わってきた「国際金融」の道に進みたいと考えています。資源の乏しい日本。海外での資源権益の取得や資源開発などへの金融支援を通じて、日本の産業活動・経済発展や国民生活に寄与していきたい。そこでは、資源国の環境や社会のサステナビリティという視点もますます大切になっていくでしょう。これは非常に難しいテーマではありますが、まさに私がJOGMECで突き詰めていきたいことの一つです。

少し話がそれますが、これまで世界40カ国以上を訪れ、4か国で生活をしました。色々な国の方と、ときに勉学を共にし、ときに膝詰めで厳しい折衝に臨み、ときに酒を酌み交わして語り合う中で、ある思いが強まりました。それは、日本はもっとその実直さ・勤勉さが評価され、信頼され、世界をリードしていく存在に足る、との思いです。私は政策遂行機関の一員として高い視座を持ち、世界における日本がどうあるべきかにも思いを馳せ、それに向けて資源と金融の面から貢献していきたい。それが、これから先、私のキャリアを賭けて成し遂げていきたい夢であり、目標です。

Message

私が感じる
JOGMECらしさ

「心底働きやすい」。その一言に尽きます。働きやすいというのは、もちろん「楽」という意味ではありません。前述のとおり、仕事の目的が非常に明快ですから、高いモチベーションを維持しながら純粋に仕事自体に集中しやすい職場だということです。周りの方々の思いも同じなのか、自分の専門分野や担当分野に真摯に取り組む職人気質の方が多く、また総じて皆非常に穏やかだと感じています。

未来の仲間となる
皆さんへ

資源・エネルギー業界は、人類史屈指の転換期を迎えています。しかし、たとえ資源・エネルギーの種類や使い方が移りかわろうとも、資源・エネルギーが私たちの営みに不可欠なものであることは変わりません。自社の利益の最大化やリスク分散を偏重して事業を評価・判断するのではなく、資源・エネルギーに特化して長年蓄積してきた知見・技術力を背景に事業分析を深掘りしながら、その先にある「この国の未来ために」を追求していく仕事がJOGMECにはあります。ぜひ、志を共にしてくださる方の挑戦をお待ちしています。

Page Top